外国人介護従事者受入れ環境整備等事業

 

令和元年度外国人介護従事者指導担当職員向け研修

1 目的

外国人介護従事者の指導担当職員に対し、指導のポイント、その他生活面での配慮等について研修を実施し、都内介護サービス事業者の指導体制の整備を支援する。

2 実施主体

東京都福祉保健局 高齢社会対策部 介護保険課(以下「都」という。)
※公益財団法人東京都福祉保健財団(以下「財団」という。)が都より委託を受けて実施します。

3 受講対象者

都内介護サービス事業者における外国人介護従事者の指導担当職員(予定者を含む。)

4 日程・会場・定員

日 程 会 場 定員
第1回 11月28日(木)9:30~17:40 財団 多目的室1 50名
第2回 12月 9日(月)9:30~17:40 あいおいニッセイ同和損保新宿ビル
会議室D
50名

<会場所在地>
 財 団 :東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル19階
 あいおい:東京都渋谷区代々木3-25-3 あいおいニッセイ同和損保新宿ビル3階

5 申込方法

申込は締め切りました。

6 受講者の決定

申込数が定員を上回る場合は、東京都の「介護施設等による留学生受入れ支援事業費補助金」(※)の交付申請をしている施設の職員の方を優先の上、抽選により受講可能者を決定させていただきます。受講の可否については、受講可の場合は申込書にご記載いただいた送付先宛に書面にて、受講不可の場合は申込書にご記載いただいたメールアドレス宛に電子メールにて、11月上旬までにお知らせいたします。

  • 当該補助金は、指導担当職員を配置し本研修を修了させることが必要です。また、当該職員は、申請年度において、当該補助金の対象となる留学生を雇用した時点から交付申請時点までの期間、申請事業所に在籍していることが必要です。

7 受講料

 無料

8 内容

項 目 概 要 時間
1 外国人介護従事者受入れの基本事項
  • 外国人介護従事者の在留資格
  • 就労上守ることが望ましい労働関係ルール等
  • 介護福祉士養成施設の留学生像等
  • 介護福祉士養成施設等関係機関との連携
75分
2 外国人介護従事者の指導・教育に当たっての基本事項
  • 多文化理解の促進
  • 日本語の使い方
45分
3 外国人介護従事者の受入体制づくり
  • 利用者や家族、職員への説明
  • 指導担当職員の設置
  • 受入れに当たっての業務の見直し
  • 入職時にすべき説明
  • 信頼関係の構築
60分
4 介護業務に関する指導・教育
  • 外国人介護従事者が介護業務に関して困難に感じる点
  • 外国人介護従事者に対する介護業務に関する評価
  • コミュニケーション能力向上のための支援
  • キャリアアップのための支援
45分
5 日本での生活に対する支援
  • 日本での生活の留意点、健康な生活を送るための支援
45分
6 受入れ指導担当者の体験談
  • 外国人介護従事者を受け入れている施設の事例紹介(2事例)
80分
7 意見交換 その他情報提供
  • 課題を設定しグループワーク
45分

※変更が生じる可能性がございます。

9 修了証書の交付

全課程を修了した方へ修了証書を交付します。
なお、10分以上の遅刻、早退の場合は欠席とみなし、修了証書は交付できませんのでご注意ください。

10 個人情報の取扱い

受講申込書に記載された個人情報については、当財団個人情報の保護に関する要綱に基づき適正管理を行い、当該研修業務管理以外の目的で利用することはありません。

 
お問い合わせ

公益財団法人東京都福祉保健財団 人材養成部 介護人材養成室 外国人介護人材担当
tel: 03-3344-8627