ホーム > 研修を受講される方へ > 看護教員養成研修事業

看護教員養成研修事業

(研修説明会及び授業風景の見学会については、kangokyoin@fukushizaidan.jpにお問い合わせください。)

研修目的

看護職員の養成に携わる方に対して、看護教員として必要な知識と技術の修得に向けた研修を実施し、東京都の看護教育の向上に寄与するためです。
短期研修長期研修があります。

短期研修(29年度生募集)(募集期間を5月末まで延長しました)

1 研修概要

1)目的

大学において教育に関する科目を履修して専任教員となった新人教員に対し、専任教員に必要な基礎的知識を習得し、創造的に活動しうる能力を啓発することを目的としています。

2)目標

  1. 看護教育内容の編成について理解できる。
  2. 授業を構成し実施する方法について理解できる。
  3. 実践した教育の評価について理解できる。
  4. 看護学校運営管理について理解できる。

3)研修内容 4科目40時間

  1. 看護学教育課程 8時間
  2. 看護学教育方法(演習含む) 20時間
  3. 看護学校経営  4時間
  4. 看護学教育評価(演習含む)  8時間

4)研修期間・研修時間

研修期間:平成29年8月17日(木)から平成29年8月23日(水)まで ※平日5日間
研修時間:9時10分から16時40分まで

5)研修場所

東京都社会福祉保健医療研修センター
(東京都文京区小日向4-1-6)

6)受講料

9,500円  ※東京都から別途ご案内します

2 応募について

1)募集人員

30名

2)応募資格

次の条件を両方満たしている者
  1. 都内の看護学校で、専門領域の臨床経験3年以上あり、大学などにおいて教育に関する科目を履修し、専任教員として採用された者
  2. 所属長の推薦がある者(但し、受講時に在職していない場合は受講できない。)

3)出願期間

平成29年3月21日(火)から平成29年4月30日(日) 5月31日(水)まで ※消印有効

4)応募及び出願書類

5)出願方法

出願書類は、ホームページからダウンロードし、必要事項を記入して、出願期間内に「簡易書留」により郵送してください。

6)出願書類提出先及び問合わせ先

〒112-0006 東京都文京区小日向4-1-6
東京都社会福祉保健医療研修センター5F 看護教員養成研修担当
電話:03-3812-9362(直通)

7)選考方法

書類審査

8)受講者の決定

平成29年5月22日(月) 6月5日(月)
決定後、所属長あて受講手続に必要な書類を送付します
 

長期研修

1 研修概要

1)目的

看護職員の養成に携わる方に対して、看護教員として必要な知識と技術の修得に向けた研修を実施し、東京都の看護教育の向上に寄与するためです。

2)研修場所

東京都社会福祉保健医療研修センター
(東京都文京区小日向4-1-6)

3)受講資格

次の条件を両方満たしている者
  1. 看護師または看護師免許を有する保健師、助産師
  2. 保健師、助産師または看護師として5年以上の看護業務に従事したもの

4)研修期間

平成29年5月1日(月)から平成30年3月5日(月)まで

5)こんな方は、是非受講をお勧めします

  1. 臨床経験を生かし、看護教育に携わりたい方
  2. 病院で看護学生及び新人看護師を指導している方
  3. 看護教育に携わっている方で、この研修未受講の方

6)定員及び経費

45名(定員)
受講料 ¥256,000 ※東京都から別途ご案内します
選考料 ¥8,000

7)カリキュラム概要

11か月 870時間
 

2 研修生の募集  平成29年度生の募集は終了しました。

平成30年度生の募集は平成29年9月頃掲載します。
 

3 研修に関する質問

  1. 1.非常勤の場合も、経験年数に含まれますか
    含まれます。下記の計算例を参考にして、合計5年以上の看護業務経験を確認してください。
    計算例:非常勤として、1日6時間、週3日で1年間勤務した場合の計算例
    6時間×3日×52週=936時間(年間)
    8時間×5日×52週=2080時間(年間)
    936時間÷2080時間=0.45年  経験年数は、0.45年となります。
  2. 2.施設推薦と一般応募の違いはありますか
    施設推薦は、現在の就業先の施設長がすることになっています。
    施設推薦を受けたくない場合は、一般応募で申し込んでください。
    合否の判定はあくまでも、出願書類と選考試験結果に基づいて総合的に判断します。
  3. 3.選考料と授業料のほかに、費用はどの位かかりますか
    教科書代(約45,000円)、参考書代、交通費、教育実習に要する費用(賠償責任保険加入代、感染症予防対策費、交通費)、提出物のコピー代等がかかります。学習をするうえで、ノートパソコンは必須です。詳しくは入学手続きの時、お知らせします。また、研修に専念するため、11か月間の生活費を見込んでください。
  4. 4.研修修了時にどのような資格がとれますか
    東京都知事名の厚生労働省認定の専任教員養成講習会の修了証が発行され、修了証は全国の看護専門学校等で看護教員として就職できる資格になります。
  5. 5.看護教育実習は、どのようなことをするのですか
    看護学教育の理論と技術を応用し、教育方法や教員のあり方を学ぶため、都内の看護専門学校において講義及び臨地実習指導を実施します。
  6. 6.受講資格の看護業務とは、具体的にどのようなことですか
    保健師、助産師、看護師免許証の資格で5年以上看護業務に従事することです。(休職期間は除きます)
    但し、看護教員の勤務年数は含まれません。
    できれば病院での経験のある方が、学習を進めるうえで役立ちます。
  7. 7.アルバイトをしながらの受講は可能ですか
    アルバイトをしながらの受講はかなり難しいです。研修を修了するには、勉学に専念する環境が必要です。
  8. 8.研修時間はどうなっていますか
    基本的に月曜日から金曜日まで、朝9時10分から16時40分までです。
    90分の講義が午前中2コマ、午後2コマ、合計4コマあります。しかし、演習ではグループ学習の進み具合で16時40分以降も継続して学習することもあります。
  9. 9.パソコン操作は、どの程度必要ですか
    マイクロソフト社製のOffce製品(Excel,PowerPoint,Word)をインストールしてあり、それぞれの基本操作ができることが望ましいです。
  10. 10.夏休み等はありますか
    7月末に前期の講義は終わりますが、8月は研修センターで11月に控えている教育実習のための授業案作り等の自己学習時間となっています。この期間の自己学習の有無が、後半の学習成果に大きな差がでます。
    研修生を派遣する学校の方は、8月も研修に専念できるようご配慮をお願いします。

4 教育訓練給付制度

  1. 「東京都看護教員養成研修」は、雇用保険法第60条の2に規定する教育訓練給付金の教育訓練として指定されています。
  2. 教育訓練施設名 東京都福祉保健財団
  3. 教育訓練講座の名称 東京都看護教員養成研修
  4. 該当する方は、研修修了後、1か月以内に必要書類を揃えて各自で申請します。
  5. 「明示書」の公開(PDF:313KB)

5 交通アクセス

お問い合わせ
公益財団法人東京都福祉保健財団 人材養成部 職員研修室
tel: 03(3812)9362 fax: 03(3812)9365
e-mail: kangokyoin@fukushizaidan.jp