令和3年度から東京都から委託を受け、若年層にひきこもりとなった当事者の状態が長期化、高齢化していること等により、ひきこもり状態にある当事者及びその家族等が抱える問題が福祉保健医療分野に広がっていることを踏まえ、支援等を行う区市町村や支援団体等職員の人材育成を行うための研修を実施します。

1 支援者向け研修

区市町村職員や民間支援団体の代表者・職員等に対し、「ひきこもり等の若者支援プログラム」に基づいた支援に必要な知識や技術に関する研修を実施します。

(1)ひきこもり概論
  • 講義 2時間程度 1回
    ※お申込みはしばらくお待ちください。
(2)「ひきこもり等の若者支援プログラム」に基づく訪問相談支援
  • 講義 2時間程度 1回
  • 実践 8時間程度 2回
    ※お申込みはしばらくお待ちください。
(3)「ひきこもり等の若者支援プログラム」に基づく居場所支援
  • 講義 2時間程度 1回
  • 実践 4時間程度 2回
    ※お申込みはしばらくお待ちください。
(4)「ひきこもり等の若者支援プログラム」に基づく社会体験活動支援
  • 講義 2時間程度 1回
    ※お申込みはしばらくお待ちください。
(5)ひきこもりの問題を抱える家族への支援
  • 講義 2時間程度 1回
  • 実践 4時間程度 1回
    ※お申込みはしばらくお待ちください。


2 社会参加支援団体向け研修

東京都若者社会参加応援事業を実施している民間団体向けに、「ひきこもり等の若者支援プログラム」に基づいた研修を実施します。

(1)支援能力の向上
  • 講義 3時間程度 1回
    ※お申込みはしばらくお待ちください。
(2)広報能力及び情報発信能力の向上
  • 講義 3時間程度 1回
    ※お申込みはしばらくお待ちください。
(3)組織運営力の向上
  • 講義 3時間程度 1回
    ※お申込みはしばらくお待ちください。


3 関係機関向け専門研修

地域包括支援センター等の職員に対し、中高年層への対応を踏まえた支援能力等の向上を図る研修を実施します。

  ひきこもり概論
  • 講義 3時間程度 2回
    ※お申込みはしばらくお待ちください。


参考

ひきこもりサポートネット(相談窓口・家族セミナー開催)《外部リンク》

ひきこもり等の若者支援プログラム《外部リンク》