ホーム > 研修を受講される方へ > 訪問看護管理者育成事業

訪問看護管理者育成事業

※平成28年度の研修は、全て終了しました。
 平成29年度の研修につきましては、決まり次第、当ホームページに掲載いたします。

平成28年度 訪問看護ステーション管理者・指導者育成研修

1 研修の目的

都内の指定訪問看護ステーション等において、人材育成も含めた人的資源管理、経営的にも安定した事業所運営を行える管理者を育成するとともに、管理者同士のネットワークの構築の推進を図ることを目的として、研修を実施するものです。
なお、本研修は、平成25年度から平成28年度の4年間において、都内の全ての訪問看護ステーションの管理者・指導者の方の受講を推奨しております。

2 研修実施主体

東京都福祉保健局 高齢社会対策部
※研修実施機関:(公財)東京都福祉保健財団が東京都の委託を受けて実施します。

3 研修概要・対象者

コース区分・対象者
(都内事業所の看護職に限る)
第1日目 第2日目
基礎実務コース(定員74名)
病院等から訪問看護ステーションに異動又は転職してきた管理者・指導者等で訪問看護ステーション運営の基礎実務を学びたい方
  • 地域包括ケア推進における訪問看護ステーションの役割

  • 訪問看護ステーション運営の基礎

  • 職員が集まり成長する職場を作るには

  • 訪問看護ステーションにおけるOJTの実際

  • 演習

※第1日目のプログラムは、両コース同一内容であり、合同開催となります。
  • 訪問看護ステーション運営の基礎実務
  • これだけは知っておこう経営の基本
  • 利用者確保の実際
  • 地域の医療機関とどのように関わるか
  • 質の高い看護を提供するために
  • 演習(これからの一歩を考えよう)
経営安定コース(定員148名)
訪問看護ステーション管理者の経験が浅く、ステーション経営の安定化について学びたい管理者・指導者の方
  • 訪問看護ステーション経営黒字化への道
  • 報酬改定や経営安定の基礎を学ぼう
  • 利用者確保の実際
  • 地域の医療機関とどのように関わるか
  • 地域包括ケアにおける訪問看護の役割
  • 危機管理
  • 演習(これからをともに考えよう)
※基礎実務コース、経営安定コースは概ねの区分であり、希望するコースは経験等に関係なく自由に選択できます。

4 研修プログラム等

5 受講料

研修に関する経費については、都が負担します。(受講者負担なし)

6 関連ホームページ

  1. 本研修で紹介している「OJTマニュアル」は、東京都のホームページからダウンロードできます。
    http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kourei/hoken/houkan/ojtmanyual.html
  2. 東京都では、訪問看護に関する様々な支援策を実施しております。詳細はリンク先にあります東京都のホームページをご覧ください。
    http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kourei/hoken/houkan/index.html
 
お問い合わせ
公益財団法人東京都福祉保健財団
人材養成部 福祉人材養成室 訪問看護研修担当
tel.03(3344)8513 fax.03(3344)8593