1 研修の目的

 自立支援・介護予防に向けた地域ケア会議では、個々の高齢者の支援方法について提案・助言を行うことにとどまらず、地域づくり・資源開発、政策形成につながるような体制の構築が求められます。そこで、当該会議の主催者となる地域包括支援センターの職員や区市町村の地域ケア会議主管課職員を対象に研修を行うことで、地域や組織の実情に合った地域ケア会議の活用ができるよう助言ができる人材を育成し、地域包括ケアシステムの構築に向けて、各区市町村が地域ケア会議を有効に活用できるよう支援します。

2 研修実施主体

東京都福祉保健局 高齢社会対策部 在宅支援課(以下「都」といいます。)
※ 研修実施機関 :公益財団法人東京都福祉保健財団 (以下「財団」といいます。)が都より委託を受けて実施します。

3 受講対象者

(1)区市町村の地域ケア会議主管課職員

(2)地域包括支援センター職員

※本研修は、区市町村職員と地域包括支援センター職員で同時に受講することを推奨しています。

※令和2年度まで実施していた「自立支援・介護予防に向けた地域ケア会議実践者養成研修」の修了者であることが望ましい研修内容となっておりますが、修了者以外の方も申込みいただけます。

4 研修日程等

・研修日程の詳細はこちらからご覧ください。

・カリキュラムの詳細はこちらからご覧ください。

※各項目は、都合により変更となる場合があります。

・コース変更を希望される場合はこちら

・遅刻・早退・欠席・辞退される場合はこちら

このページに関するお問い合わせ先

公益財団法人東京都福祉保健財団 
人材養成部 福祉人材養成室 
tel: 03-3344-8513 fax: 03-3344-8593