当財団では、障害者虐待の問題について、障害者福祉施設従事者等の理解を深めるとともに、権利擁護センター及び虐待防止センターの職員や区市町村の障害者虐待防止担当職員の専門性の強化を図るため研修を実施します。

1 障害者福祉施設等職員コースNEW

(1) 対象者

以下の1又は2に該当する方

  1. 障害者福祉施設等管理者
    東京都内の障害者福祉施設等の管理者の方(法人代表者、施設長等)
  2. 障害者福祉施設等従事者
    東京都内の障害者福祉施設等の従事者で、所属において障害者虐待防止・権利擁護責任者として研修の企画・運営を担う方(サービス管理責任者や支援計画の作成担当者等)

※本研修は悉皆研修ではありませんが、虐待防止体制を進めるにあたって必要な人権意識、知識や技術向上のための研修ですので、これまで事業所(法人)内に受講された方がいらっしゃらない場合は受講をご検討ください。

※管理者コース、従事者コースの区別はありません。全日程共通の内容となります。

※本研修受講者は、所属において今回の研修内容について伝達研修を実施後、後日報告していただく予定です。

(2) 募集要項、カリキュラム、日程等

※内容については、一部変更となる場合があります。                                                    ※応募状況により、希望した日程で受講決定できない場合があります。予めご了承ください。

(3) 実施方法

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、講義・演習ともオンラインにより実施いたします。
▶受講に必要な視聴推奨環境(別紙3 オンライン研修受講で推奨するシステム要件)をご確認の上、お申込みください。
当財団からすべての講義の視聴を確認できない場合は、修了とは認められませんのでご注意ください。

(4) 受講申込

申込方法

事業所単位で取りまとめの上、研修担当者が下記リンクより申込フォームにアクセスして必要事項を入力してくだ さい。同一事業所内に複数申込者がいる場合は、推薦順位順に受講者情報を入力してください。入力方法は、別紙4「ウェブ研修申込方法について」をご覧ください。

  申込フォームへのリンクはこちらから

対象事業所には、申込フォームへのアクセスに必要なパスワードを東京都から送付した募集周知のメールもしくは財団から郵送した募集要項に同封していますので、ご確認ください。

申込期間

令和3年5月7日(金)~令和3年5月27日(木)午後5時まで                      ※期限後は申込フォームへのリンクを削除いたしますのでご注意ください。

その他の Q&Aはこちらからご覧ください。

(5) 研修実施報告書

令和2年度に実施した研修の研修実施報告書はこちらの様式をご利用ください。

令和2年度東京都障害者虐待防止・権利擁護研修(障害者福祉施設等管理者コース・従事者コース)研修実施報告書

(6) 令和2年度配布資料

令和2年度に実施した研修の配布資料はこちらをご確認ください。

令和2年度 東京都障害者虐待防止・権利擁護研修【配布資料】

(7) 令和2年度当日掲示資料

令和2年度に実施した研修の当日掲示資料はこちらをご確認ください。

令和2年度 東京都障害者虐待防止・権利擁護研修【当日掲示資料】

(8) 一昨年度・昨年度研修資料

平成30年度・令和元年度に実施した研修の資料はこちらをご確認ください。

(9) 事業所での取り組み事例

令和2年度東京都障害者虐待防止・権利擁護研修(障害者福祉施設等管理者コース・従事者コース)で管理者コースの受講生にご回答いただいたアンケートより、事業所での取り組み事例をご紹介します。

令和2年度 東京都障害者虐待防止・権利擁護研修【事業所での取り組み事例】

このページに関するお問い合わせ先

公益財団法人東京都福祉保健財団
人材養成部 福祉人材養成室 障害者支援研修担当
tel: 03-3344-8551 fax: 03-3344-8593