<資料の使用に関する注意事項>

  • 開封パスワードが求められる資料は、使用できる方を限定しています(研修受講修了者であり、伝達研修実施予定者等パスワードが付与されている方)。
  • PDFの編集はできません(印刷は可能です)。
  • 資料について、ご不明な点や使用許諾等につきましては、下記担当までお電話にてお問合せください。

[研修受講修了者の方へ]

研修当日配付資料において誤字等があった箇所は、訂正して掲載している場合があります。

  • 研修時にお知らせしているパスワードを使用してください(開封及び書き込みが可能)。
  • 資料を改変して使用する場合は、必ず資料の出典を明記してください。
    • 出典明記例(1)
      令和3年度「養護者による高齢者虐待対応研修(基礎研修)」
      講義2資料10頁(スライド5)を引用(一部改変、元に○○作成等)
    • 出典明記例(2)
      (公財)東京都福祉保健財団 
      高齢者権利擁護支援センター作成資料を引用(一部改変、元に○○作成等)

1.「養護者による高齢者虐待対応研修(基礎研修)」の資料

1日目 動画配信  (1日目集合研修中止に伴う代替実施)

第1回振替開催 1日目「動画配信」について<限定公開>NEW

公開視聴期間:令和3年10月1日(金曜日)~10月15日(金曜日)

第1回振替開催 中止に伴う一部動画視聴用「研修資料」についてNew

※「第1回振替開催」の「1日目集合研修の中止」に伴い、資料を新たに掲載します(開封パスワード付)。

  • 「1日目参考資料(追加あり)」NEWこちら  ※既に配付済みの「1日目参考資料」に2種類の関連情報を追加
  • 「講義3 事例によるQ&A(answer例付)」NEWこちら
  • 「お役立ち帳」はこちら
「1日目受講後アンケート」についてNEW
  • 令和3年10月1日から10月15日公開の動画視聴後にご提出いただ「1日目受講後アンケートの回答方法のご案内」はこちら(開封パスワード付)。【注意】「開封パスワード」は、動画URL及び研修資料をダウンロードする際のパスワードではありません(動画視聴中に書き留めていただいた8文字のワード
  • 回答期日:令和3年10月22日(金曜日) *WEB上からの回答に変更しております

演習資料(2日目・3日目)

  • 研修中止に伴い掲載予定なし

普及啓発資料(パスワードがなくても開封・印刷は可能です)

令和3年度版 高齢者虐待防止普及啓発支援スライド(ケアマネジャー向け)※「読み取り専用」

※「高齢者虐待防止普及啓発支援スライド(ケアマネジャー向け)」を使用する際には、1枚目のスライドの「ノート」にある<スライドのねらいや注意事項>を読んでからご利用ください。

※「読み取り専用」のため、編集はできません。ご了承ください。

2.「養介護施設従事者等による高齢者虐待対応研修」の資料

養介護施設従事者等による高齢者虐待対応における「帳票類」のダウンロードが可能です。

掲載データは、読み取り専用です。
改変を行う場合は、研修時にお伝えしているパスワードの入力が必要です。
([校閲]タブの[シート保護の解除]をクリックしてください)

3.介護サービス等事業管理者高齢者権利擁護研修「高齢者虐待防止研修」の資料

1.居宅系サービス向け

「第1回」講義動画配信<限定公開>

  • 第1回講義動画公開:令和3年8月13日に終了しました

講義資料

  • 「第1回講義動画視聴プログラム」の研修資料の掲載は、令和3年8月13日に終了しました
  • 以下の資料については、提出期限前のため引き続き掲載します(開封パスワードが必要
  1. 第1回講義動画視聴プログラム」の研修資料(「取組報告」提出締切:令和3年11月30日)

2.施設居住系サービス向け 

講義資料

  • 工事中

伝達研修支援資料

  • 工事中

3.有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅向け

「第1回」講義動画配信<限定公開>

  • 第1回講義動画公開:令和3年8月23日に終了しました

講義資料

  • 「第1回講義動画視聴プログラム」の研修資料の掲載は、令和3年8月23日に終了しました
  • 以下の資料については、提出期限前のため引き続き掲載します(開封パスワードが必要
  1. 第1回講義動画視聴プログラム」の研修資料(「取組報告」提出締切:令和3年11月30日)

4.施設内リーダー職員研修(看護実務者研修)New

1.「事前課題」(各コース共通)

「事前課題」の提出様式はこちら(開封パスワード付)(提出必須)  ※提出にあたり、必ずWordに直接入力してください(やむを得ず手書きを希望する場合は、事前に研修事務局へご相談ください)。

「記入例」及び「(別紙)参考資料 虐待の芽チェックリスト」(必要に応じてご参照ください)

提出期限及び方法は、受講決定通知と共にお送りしている「受講の手引き」をご参照ください。

【追加】「科目8 事前質問票」について(各コース共通)

 「科目8 権利擁護の視点から考える感染症対策」では、講義当日(3日目)講師より質問にご回答いただけるよう、事前に質問を受付けます。質問にあたっての留意点等は「事前質問票」の上部に記載しておりますので、よくお読みの上、必要に応じて「事前課題」と共に各コースの「事前課題」提出期日までにご提出ください。

「科目8 事前質問票」の様式はこちら(任意提出)

このページに関するお問い合わせ先

公益財団法人東京都福祉保健財団 人材養成部 福祉人材養成室
高齢者権利擁護推進事業担当(高齢者権利擁護支援センター)
tel: 03-3344-8628 fax: 03-3344-8593