高齢者権利擁護推進事業

令和2年度 研修資料

<資料の使用に関する注意事項>

  • 開封パスワードが求められる資料は、使用できる方を限定しています(研修受講修了者であり、伝達研修実施予定者等パスワードが付与されている方)。
  • PDFの編集はできません(印刷は可能です)。
  • 資料について、ご不明な点や使用許諾等につきましては、下記担当までお電話にてお問合せください。
[研修受講修了者の方へ]
  • 研修当日配付資料において誤字等があった箇所は、訂正して掲載している場合があります。
  • 研修時にお知らせしているパスワードを使用してください(開封及び書き込みが可能)。
  • 資料を改変して使用する場合は、必ず資料の出典を明記してください。
  • 出典明記例(1)
    令和2年度「養護者による高齢者虐待対応研修(基礎研修)」 講義2資料10頁(スライド5)を引用(一部改変、元に○○作成等)
  • 出典明記例(2)
    (公財)東京都福祉保健財団  高齢者権利擁護支援センター作成資料を引用(一部改変、元に○○作成等)

1.「養護者による高齢者虐待対応研修(基礎研修)」の資料

講義資料(1日目)
演習資料(2日目・3日目)
ワークシート
※ここに掲載しているシートはあくまでも演習用のワークシートです。帳票として使用する場合は「演習1」のスライド7「演習のワークシートについて」を必ずお読みください。
  • 「コアメンバー会議録」及び「課題分析・支援課題整理シート」は、「お役立ち帳(令和2年5月 改訂版)掲載帳票様式」に掲載している内容と同じです。
普及啓発資料(パスワードがなくても開封・印刷は可能です)
  • 「高齢者虐待防止普及啓発支援スライド(ケアマネジャー向け)」を使用する際には、1枚目のスライドの「ノート」にある<スライドのねらいや注意事項>を読んでからご利用ください。
 
お問い合わせ
公益財団法人東京都福祉保健財団 人材養成部 福祉人材養成室
高齢者権利擁護支援センター tel: 03-3344-8628 fax: 03-3344-8593